10.子どもに化けたカワウソ{瓜生津}

 朝まだ薄暗いとき、湯川のところを通ったら、傘をかぶった
小さな子どものようなものが歩いていた。不思議に思い振り返るともういなかった。きっとカワウソが化けていたのだろう。