20.ひとだま{金屋}

夏の夜の9時ごろ、外出先から帰る途中風船を膨らませたような橙色の火の玉が、屋根すれすれにふわふわと、東のほうに飛んでいった。