問合せ先

info@honaikai.net

何でもお気軽に
お問い合わせ下さい
   
 
 平成16年度 開市記念祭開催要項
  
  【開催趣旨】
    「ようかいち」という名前の特性を生かし、八日市でしかできないこと『八日市は妖怪地』をテーマとして、
    全国的に注目されるまちづくりイベントを開催することにより、まち全体を活性化させる事を目的とする。

  【テーマ】
    タイトル 『八日市は妖怪地』
    キーワード 「聖徳太子と妖怪」

  【事業効果】
    地域間交流
     妖怪を切り口としたまちづくりを行っているまちとの交流を図り、新しい地域間 ネットワークを形成する事が
     出来る。(臼杵市、青梅市、境港市、三次市など)

    世代間交流
     八日市に伝わる怪談や昔話を地域の古老が子どもたちに話して聞かせる事によって、世代間の交流を図る
     ことが出来る。(老人会と子ども会及びその親世代の三世代)

    自然との共生
     里山と妖怪との関わりは深く、妖怪を通して里山保全や、環境問題への啓発活動を行う事が出来る。
     (里山構想や環境問題事業との連携)

    地域の文化、伝統、歴史とのふれあい
     地元の妖怪や怪談を探求し発表する事により、その地域の文化、伝統、歴史とより深くふれあう事出来る。
     (太郎坊宮、御沢神社など)  

    市民参加によるまちづくり意識の高揚
     今回開催されるイベントに企画段階から多くの市民や市民団体に参加してもらうことにより、まちづくりに
     対しての意識付けを行うことが出来る。

    継続による観光都市化と経済効果
     継続しての開催により、商業者からの自発的活用と観光資源としての認識による経済波及効果を期待する
     事が出来る。

  【重点事項】
・   全国へ向けての情報発信?「市政50周年特別事業」を開催することにより、TV、新聞等を活用し、
   イベント全体を全国的に有名にする。

   情報発信の多様化
    パブリシティの活用:めざせ!全国放送(TV)、全国版(新聞紙面)。
    インターネットによる情報配信:ほない会オフィシャルサイトの開設。他


 平成16年度 開市記念祭
  『八日市は妖怪地』
   市政50周年 特別企画


  【現状認識】
   平成16年度で3回目の開催を迎える「八日市は妖怪地」は、マスコミ等の取り上げにより、
   市内外への知名度が着実に上がっている。
   過去2回開催の実績により、まちづくり・地域活性化をめざした活動が市民に理解されつつある。
   活動全般に対する老人会、子ども会、市内小中学校、市民団体等の協力体制が確立しつつあり、
   今後、個人や民間企業も含めて、さらに発展する可能性が大きい。

  【事業目的】
   市政50周年の節目の年であり、また広域合併を目前に控えた「八日市市」最後の年であることをふまえ、
   現市民意識の高揚と合併後の新市全体に広げられる市民活動の基盤をつくることを目的とし、翌年以降の
   継続・発展をめざした事業を行う。
   また、全国的に注目される事業を開催することにより、八日市市のステータスをより高め、
   今後の地域活性化につなげる。

Copyright (C) 2004 honaikai All rights reserved